一般社団法人充填技術協会の発足にあたって 

理事長:正木和明
 日本充てん協会は1977年に設立されて以来、自治体や区画整理組合等多くの団体のご要望を受けて、地下空洞の調査・充填工事の主導、充填技術の開発のために大きな役割を果たしてまいりました。2007年には充填技術センターを発足し、技術の普及・交流を中心においた新しい団体として、空洞関係だけでなく、地盤の安定化や地盤環境関連の問題などにも積極的に取り組んでまいりました。2010年には一般社団法人充填技術協会へと法人化し、「地盤環境の安全・安心」のため、地下空洞調査・充填技術の開発に加え、さらに有効な充填材料の開発と産業副産物の利用法の研究を行い、全国的な地下空洞調査・対策および関連する地盤環境問題解決のための一翼を担ってまいりました。
 2011年東北地方太平洋沖地震が発生し多くの地下空洞で陥没が発生したことから、地震時における対策の重要性が社会的問題となりました。特に、御嵩町をはじめ多くの亜炭廃坑跡が存在する東海地域においては南海トラフ巨大地震に対する対策が喫緊の課題となってまいりました。このような重大な時期に新理事長として選任されました事に対し大きな責任を感じるとともに、新たな活動目標の設定、高度な研究技術の開発・普及に対し会員と共に取り組む覚悟でありますので、ご支援の程をお願い申し上げます。
今後は、ホームページでの活動紹介の他、技術講演会等の公開などを行い、会員を始め多くの団体・自治体の方々との活動と交流の輪を広げていくことを計画しております。今後とも皆様のご賛同とご支援をお願い申し上げます。


最新情報&更新情報

2017/06/02 平成29年度通常総会記念卓話を開催しました

2017/06/02 平成29年度通常総会を開催しました

2012/07/23 代表理事論説「地盤品質判定士」の必要性について平成24年7月10日

2012/06/15 新日吉鉱山見学記を掲載しました平成24年6月15日(金)

2011/08/25 充填技術協会現場見学会を開催しました平成23年8月25日